草食系海老侍     Herbivorous shrimp

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

この遺伝子は・・・

2015/10/17(Sat) 13:16

IMG_9459.jpg

 

大好きな個体達

なかなか言う事を聞いてくれない 受け入れてくれない 

「鬼」なのか「獣」のような

飼育者を嘲り笑うような個体達 飼育当初は環境が大きく左右していると 色々試したが・・・

 少-しずつ変化をつけながらやれる事はすべてやってみた

   飼育者の技量を試されているような・・・

結果 違った やっと確信した3年間 

間違いなく個体の「系統・遺伝子」なんだな と つくづく思わせられる

飼い込みだして3年目に入る 見る物を引き付けるこの魅力はまさに魔性そのもの

こんな海老が水槽一面にいたらさぞや楽しい事 気持ち良い事だろ 

だが 海老の女神様はそんな簡単に

微笑んでくれないね~ 

そんな謎おおき個体達

だから楽しい し 取り組む価値があると思う  

自分は往生際が悪い性格だと思う いや優柔不断なだけだな 何回も諦めかけたが 諦めきれない 



そんな日記でした








ブリード コメント:0 トラックバック:0

何が綺麗か

2015/05/26(Tue) 18:34
IMG_9748.jpg






「バンド」「タイガー」「日の丸」「二の字」「モスラ」 

柄表現で行ったらこの5種類 この歴史って凄い事だと思う

今でこそ簡単に好き嫌いで分けてしまっているけどそこには多大な努力と年月がかかっている

そこは私の知らない世界 先人達が作り上げてきた歴史

そんな歴史を感じながら昔を思い出していた

私が日本料理の修業時代 25年ほど前 養殖魚の市場が徐々にリリースされはじめていた

出始め当初は鯛・ハマチの二種類 当初はとても残酷な姿かたちの物も出回っており

「タダ」同然で出回っていた 「奇形」と言う名で 

昨今では 国産=養殖 が一般的 不可能と言われていた回遊魚まで商業ベースに・・・

これもブリードとはちょっと違うけど生き物独自の方法論で作り上げられてきた歴史

犬・猫・熱帯魚ペット全般にも歴史があり挙げだしたらキリがないだろうな

ただ長年飼っていると 違うね~

色々な情報 サインが出てくる まだまだやれる事はあるね だからビーシュリンプは面白い

いつかきっと 誰にも真似できないとは言えないが 奇跡の一匹では無く

努力の結晶を作ってみたい!

そんな決意の日記でした・・・
ブリード コメント:0 トラックバック:0

ポテンシャル

2015/05/17(Sun) 09:23
 IMG_3380.jpg

お気に入りの個体達を選別し移動させてゆく

雌個体が雄個体と交配し 「抱卵」「孵化」 ふむふむと・・・

生まれた当初はどの個体も個体差はほとんどなく無く

「いいような気がする」といった感じと言うより感覚的な部分の方が大半を占めているのかもしれない

素人目に見たら個体群との差は、それほど感じ無いと思う いや まったくと言っていいほどなんだろう


その後、加速的に大きく成長を遂げ姿かたち ポテンシャルスピードがMAXに現れた個体は良い方行に火が付くようです

中には成長過程で力尽き 色々な弊害を乗り越え 生きていくという精神的な戦いに勝った姿、形は最高に素晴らしい。

そんな女王蜂のような海老 いくら積まれても手放したくありません

ビーを飼っていて幸せな瞬間でした。




出品掲示板


右




※ 体系   とても厚みがありどっしりボディーをした雌個体です 

※ 色 柄  赤の発色がとても濃いですね いい仕事してくれそうです 

※ 飼い主からの一言二言  生後5か月弱の雌個体ですね 全体のバランスも良く 発色もきれいですね
  私の見た目ではまだまだ大きく成長してくれると思います 
  見る人が見ればわかりますね  いい仕事しますよ
  それでは宜しくお願いいたします_(._.)_
ブリード コメント:0 トラックバック:0

生後2ヶ月弱 その後

2015/03/23(Mon) 20:39
生後2ヶ月弱




前回?以前? ご紹介しました 生後2ヶ月弱個体

今日はその後のご紹介です

特にこれといって計画的に記事にしているわけでもなく とは言え気にはなったので日記的なアップになるのと

今日長久手で会った友人のリクエストもあっての更新です

前回から4週間あまり?27日前後が経過しました

大きな特徴として成長スピードが圧倒的に早かったですね 

予測はある程度していましたが見事にって感じでご満悦ですね

やっぱエビはこうでなくっちゃです

画像のとおり「体高」「体長」もしっかりしているのが分かると思います

このようなスピーディーな個体は見ごたえがあります

ここから先の先がもっと楽しみですし楽しいですね

また気が向きましたらアップ致します  
ブリード コメント:0 トラックバック:0

どうする?

2015/03/05(Thu) 21:21

IMG_4903.jpg



今年に入っての6本目へのアプローチから約60日程となる ・ ・ ・?


3月上旬~なのでそろそろ予定
まさに 予定は未定とはよく言ったものでそんなにうまくいったらだれも苦労しません 


今期・後半のブリードをどうするか

さて我が家では、●○●○りブリードの予定 ・・・


などとお気に入りの珈琲を飲みながら過去を振り返ると


去年の初めまではのんびりと構えていた
わけですが、


そうこうしているうちに紅白も終わり・・・


ふと「妥協はいかん!」


妥協せず(汗・・・ また紅白が終わり・・・  そして2014年も終わり・・・実にいけてないです汗


ただ回りのトレンドなどに振り回される事なく自分は自分なりの個性をぶれる事無くです


とりあえず自分を追い込むか と 書いておく自分用のブログ記事でした。

ブリード コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

カテゴリ

月別アーカイブ

Shop-link

o
o
o
o
o
o
o 海老の決戦
o 紅白祭りギャラリー
o APSC シュリンプコンテスト

リンク

FC2カウンター

プロフィール

黒髭シェフ

Author:黒髭シェフ
E-mail:harusakurayuki@msn.com

World-Word-翻訳